恋愛サーキュレーションアコースティックカバーについて

音が重なると面白い

まずギターを録った。演奏してる時の楽しさをそのまま録音するためにクリックは使用しなかった。

ボーカルはマイクの位置を微調整して、良いところを探した。結果マイクにかなり近い位置で録ることになった。

横のコーラスが面白い。音が重なると面白いと感じるのは何故だろう。コーラスは面白いと思うところだけ入れた。

タンバリンは録音した音を聞きながら、自然と叩いた。プラスチック製は叩くと手が痛い。打楽器があるとよりリズムを感じられる。

それらをミックスする。コンピューターで、ギター、声、タンバリン、この3つをできる限りシンプルにまとめた。

恋愛サーキュレーションのアコースティックカバー

コメント

Comments are closed.