ロリィタ帝国ビショージョ大帝のカバーについて

あってもなくても良いような音は無いほうが良い

音を詰め込むのも一つであり、音を入れないのもまた一つである。その可能性の探求こそが音楽の楽しみである。ロマンスとミステリー、答えは無い。

最初はアコースティックでやろうと思っていたが、ギターを少ない数で効果的に奏でたい気持ちが強くなった。そうなるとドラムとベースを入れたほうが幅が広がると思ったのでバンド的サウンドにした。

音のミックスでは各楽器のバランスをよく考え構築した。静かになるところのベースは結構気に入っている。ミックスのやりようもまた無限の可能性がある。

色々アイデアが試せたのでおもしろかった。

ちなみに俺はチョココロネは頭から食べるね。

ロリィタ帝国ビショージョ大帝 カバー

コメント

Comments are closed.